動脈硬化で悩める全ての方へ

動脈硬化に関する様々なお役立ち情報をお届け

当サイト「動脈硬化で悩める全ての方へ」へご訪問いただき、誠にありがとうございます。

 

ここでは動脈硬化に関する様々なお役立ち情報をお届けしています。恐ろしい症状である動脈硬化の基本的な知識を頭に入れておき、普段から自分で出来る最善の対策を実践するようにしましょう。

 

さてそんな動脈硬化症というのは、その名称通り「動脈が硬くなる」ことを言います。

 

動脈が硬くなってしまうことで、動脈の特徴であるしなやかさが失われてしまうことになり、その結果血液を上手に送り出すことが出来なくなってしまい、心臓に対して大きな負担をかけてしまうことになります。

 

さらに動脈が硬くなることで、血管の内側が弱体化してしまい、粥腫が出来てしまいます。そして血管の中が狭くなったり詰まったり、粥腫がはがれてしまうことで血液中を漂い細い血管が詰まってしまうことになります。

動脈硬化は心臓に大きな負担をかけている

例えば古くなった水道管が汚れて詰まりが発生したり、さびてはがれてしまうのと同じことです。

 

血管の内側が狭くなることで、身体全体に必要となる酸素や栄養を届けることが出来なくなり、臓器や組織が正常に機能しなくなってしまいます。

 

また血管が詰まると臓器や組織に対して血液を届けにくくなることから、最悪の場合壊死してしまうこともあるのです。

 

そんな恐ろしい動脈硬化症がさらに進行してしまうことによって、一体どうなってしまうのか気になります。

 

そもそも動脈硬化は心臓に大きな負担をかけてしまうことになりますので「高血圧」「心肥大」「心不全」などといった心疾患を引き起こしてしまいます。

 

他にも血管が狭くなり血流が詰まることで「心筋梗塞」「狭心症」「脳梗塞」「下肢閉塞性動脈硬化症」などといった症状を引き起こしてしまいます。

 

さらに血管が破れてしまいますと、「クモ膜下出血」などといった脳出血の危険性も考えれられます。

直接死に繋がってしまう非常に恐ろしい症状

「ただの動脈硬化だから…」などと簡単に考えてはいけません。

 

動脈硬化というのは、直接死に繋がってしまう非常に恐ろしい症状を引き起こしてしまう可能性も十分に考えられるのです。

 

しかし残念ながら動脈硬化症の最も恐ろしい点というのが「気が付きにくい」ということです。殆どのケースで自覚症状が現れず、急に心臓が停止してしまい、そのまま死に至ってしまうこともあります。

 

手遅れになってしまう前に、普段から血管の検査をすることを強くオススメします。