閉塞性動脈硬化症ならすぐに病院へ

腹部から両足に伸びている動脈が閉塞

現在は健康ブームとも言われており、様々なサプリメントなどが発売されています。しかしどんなに健康を気にして健康補助食品を摂取していたとしても、生活習慣が乱れてしまっているようでは、重大な病気を予防することは出来ません。突然襲ってくる動脈硬化がその一つとして挙げることが出来ます。

 

この動脈硬化が進行してしまうと、腹部から両足に伸びている動脈が閉塞してしまったり、動脈の閉塞によって足の動脈が狭くなってしまうことがあります。そして下肢の動脈が閉塞してしまうことで、当たり前のことですが、その部分の血流が悪化してしまうことに繋がります。

 

さらに血流が悪化することで、足の冷えや疲れを感じやすくなります。

 

ですので足の冷えや痺れを少しでも感じた時に適切な治療を行わなければいけません。そのまま放っておいてしまうと、少し歩くだけで足に痛みが生じ疲労を感じ、数分間休むことによって改善してくるといった、「間欠性跛行」と呼ばれている特徴的な症状を引き起こしてしまうことになります。

 

そもそも動脈硬化というのは、血管が硬くなり、また厚くなる状態のことを指しています。

 

 

この症状が現れることで異変を感じ、病院で治療をされる方が多くなっていますが、さらにそのまま放置をしてしまうことで、寝ていても起きても痛みをずっと感じる症状を起こします。このようになってしまう状態のことを「閉塞性動脈硬化症」と呼んでいます。

 

この時点で病院へ受診すればまだ治療方法があるかもしれませんが、さらに放っておくことで足の筋肉などが壊死してしまうことになり、最終的に切断しなければいけない状態にまで進行してしまいます。

動脈硬化と密接な関係

そして閉塞性動脈硬化症というのは、動脈硬化と密接な関係があります。例えば動脈硬化が原因となって引き起こす病気として脳卒中や心疾患な挙げられ、これらを合併するケースが多い病気なのです。

 

またそれだけに限ったことではなく、動脈硬化の危険因子と知られている高血圧や糖尿病、脂質異常などとも大きな関係を持っている病気となります。中でも特に、糖尿病を患っている方や普段から過剰に喫煙をされる方、そして高齢の方は注意をする必要があります。

 

糖尿病になると、痛みの感覚が麻痺してしまっているケースもあり、かなり症状が進行していることに本人が気付いていないことがあります。このことから少しでも「おかしいな」と感じた時には、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

 

動脈硬化はちょっとした生活習慣の改善によって予防することが出来ます。最悪な事態になってしまう前に自己防衛を心掛けましょう。