動脈硬化で脳卒中

脳卒中というのは脳血管障害の一般的な呼び名と

私達には突如死に直結する病気を引き起こしてしまう可能性があります。様々な重病と呼ばれる病気がありますが、ここでは脳卒中について簡単にご説明させていただきます。「動脈硬化のサイトなのになんで脳卒中?」と疑問に思われるかもしれませんが、実はこの両者には密接な関係があるのです。

 

脳卒中というのは脳血管障害の一般的な呼び名となります。

 

この脳卒中を発症させてしまいますと、急に手足にしびれを感じたり、意識を失ってしまったり、また言葉を話すことが出来なくなるといった症状を引き起こしてしまうと言われていますが、実際のところはこの症状というのは人によって異なっているのです。

 

一般的な考えでは、脳卒中というのは自分では気付くことの出来ない些細な異変であり、普段の生活をしていて徐々に状態が悪化してしまうことになり、最終的に病院に運び込まれてしまった時には、既に手遅れな状態だったということはよくあります。

 

 

そもそも脳卒中と言いましても、血管が詰まってしまうタイプである「脳梗塞」、そして破れてしまうタイプの「脳出血」「くも膜下出血」が挙げられます。くも膜下出血というのは、脳の太い血管が破れてしまい脳の表面に出血を生じます。

迅速な対応をすることが最も重要

脳出血におきましては、脳の細い血管が破れてしまい脳内に出血をして、血の塊を生成してしまうことがあります。

 

このような脳梗塞でも脳出血、くも膜下出血でも、当然のことながら命に関わってくることとなる重大な疾患となります。何にせよ、迅速な対応をすることが最も重要なのです。

 

そんな脳卒中ですが、動脈硬化と密接な関係を持っています。血管の内腔が狭くなってしまい血管に詰まりが生じたり、血栓が血管に詰まる、または血管が裂けるなどによって、それ以降の脳細胞に対して血液がが行き届かなくなってしまいます。

 

血液が届かなければ酸素や栄養を上手に届けることが出来ませんので脳細胞というのは死んでしまうことになります。脳細胞が死ぬことで、その部分の機能を失い、麻痺などの後遺症が残ってしまうことになります。

 

脳卒中というのは命に関わってくる重大な病気ですが、寝たきりとなってしまう原因にもなりますので、予防をすることが非常に大切です。そして脳卒中予防の一つとして動脈硬化の予防が挙げられます。

 

動脈硬化の危険因子を遠ざけ、そして定期的に検査をすることが大切なのです。ちょっとしたことで動脈硬化はもちろん、脳卒中の危険から回避をすることが出来ます。