少量のお酒で動脈硬化予防

アルコールについては「百薬の長」とも呼ばれています

毎日のように忙しく働く現代人にとって、まさにアルコールというのは欠かすことの出来ないものです。仕事終わりにアルコールを飲むことで、気分が晴れ晴れし、日頃のストレスを解消出来るだけではなく、大きな気分転換にもなります。

 

アルコールというのはタバコと同じで、「大人の嗜好品」として多くの人が楽しまれています。しかし同じ嗜好品でもタバコというのは、「百害あって一利なし」とも比喩されるほど身体にとって悪影響を与えてしまうものですが、アルコールについては「百薬の長」とも呼ばれています

 

つまりどんな薬よりも効果が高いということを示していますが、実際のところ動脈硬化とお酒というのは、どのような関係があるのでしょうか?お酒を飲むことで動脈硬化を予防することが出来るのでしょうか?

 

さてそんなアルコールと動脈硬化の関係についてですが、結論的にはアルコールを飲む人と飲まない人とを比べてみた場合、実はアルコールを飲んでいる人の方が動脈硬化の程度が軽減されていることが研究によってわかっています。

 

その理由としましては、アルコールを飲むことによって善玉コレステロールが増殖されること、また主に赤ワインに含まれているポリフェノールなどが大きく関係していると言われています。よく赤ワインが特に良い効果があると言われていますが、その根拠というのはフランスの食生活にあるのです。

動物性脂肪を豊富に含んでいる食品

フランスにおいきましては肉や乳製品などといった動物性脂肪を豊富に含んでいる食品が一般的に食べられています。本来でしたら、動脈硬化が進行してしまい、心疾患や脳血管疾患などが多くなってしまいますが、実際のデータによると、疾患の死亡率はかなり低くなっているのです。

 

それが赤ワインの効果です。赤ワインのポリフェノールの作用によって血管内膜を改善し、また酸化ストレスを抑え、動脈硬化を予防してくれることから死亡率が低い傾向にあるワケです。

 

このように飲酒というのは動脈硬化に良い影響を与えてくれることがわかるかと思います。しかし大切となってくるのは飲酒量です。

 

どんなに動脈硬化に効果的と言いましても飲み過ぎは逆効果です。目安として1日ビール大瓶1本程度、また日本酒でしたら1合程度にしておきましょう。

 

お酒を毎日たくさん飲んだからと言って、動脈硬化対策に高い効果を得ることが出来るワケではありません。何事もほどほどが一番です。ただしタバコについては健康に良い影響を与えることは一切ありませんのでご注意を。