心臓と大きな関係のある動脈硬化

一生涯一度も休むことなく必死になって血液を全身に送る

貴方の心臓は健康的にしっかりと働いてくれていますか?もちろんこれを読んでいるということは、心臓が動いていることとなりますので多くの人は特に気にしていないかもしれません。

 

しかし自覚症状が無いまま、心臓が不健康な状態になってしまっている可能性があります。これをそのまま放置しておくと大変危険です。身体にとって最も大切な心臓だからこそ、細心の注意をしてあげる必要があるのです。

 

そもそも心臓というのは1日に10万回をも、一生涯一度も休むことなく必死になって血液を全身に送り続けているポンプ的な存在となります。心臓から送り出されている血流にのり酸素や栄養などといったものが全身に届けられていくこととなりますので、私達が生きていく上で絶対に欠かすことの出来ない必要不可欠な臓器なのです。

 

ここまでのご説明で、生きていく上で必要不可欠な臓器だということは理解していただけたと思いますが、そもそも1日に10万回もポンプ運動をするというのは、非常に多くのエネルギーを使うことになります。このポンプ運動をするためのエネルギーを供給してくれているのが冠動脈なのです。

 

これは心臓の表面を覆っている王冠のような血管のことを言います。この冠動脈が心筋に栄養を与え続けてくれていることから私達の心臓というのは、今も一生懸命動き続けてくれています。

 

このことから心臓が正常に動き続けるためには、この冠動脈が非常に重要な存在ということがわかるかと思いますが、冠動脈が動脈硬化を引き起こしてしまった場合、直接的に心臓の働きに対して大きな影響を及ぼしてしまうことになります。

胸の痛みや胸を締め付けているような痛み

冠動脈に対してコレステロールが沈着してしまい、血管の内腔が狭くなってしまいますと血液の流れが悪化してしまうことになります。

 

そして狭くなった場所からその先には血液量が不足してしまうことになるため、心筋に十分となる酸素や栄養を送り届けることが出来なくなってしまうのです。

 

このように心筋に酸素が不足してしまうと、胸の痛みや胸を締め付けているような痛みを感じるケースがあります。これがいわゆる「狭心症」と呼ばれている症状です。

 

狭心症というのは動脈硬化だけが原因というワケではありませんが、最も中心的とも言える原因になるのがこの動脈硬化なのです。

 

つまり狭心症を予防するために必要なのは、動脈硬化の進行を予防することです。日常生活で健康的な生活を送ることで、動脈硬化の可能性を下げることが出来ます。