影響が大きい動脈血管とタバコ

喫煙というのは「百害あって一利なし」

最近では世の中全体が禁煙傾向にあり、これまで長年タバコを吸っていた人が、急に禁煙をし出すなんてことはよくあります。実際に街角でも一気に喫煙所が撤去し始め、愛煙家にとっては非常に肩身が狭くなってきました。

 

しかし喫煙というのは「百害あって一利なし」とも言われています。つまり身体にとって良い影響を与える要素は何一つともありません。当たり前のことですが、タバコは動脈硬化にとりましても危険因子となる存在ですが、タバコには強い依存性を持っていますので、そう簡単に止めることは出来ないことでしょう。

 

そこでまずはタバコが与える動脈硬化の影響を理解し、これをキッカケにして禁煙を始めるのも良いかもしれません。

 

そもそも喫煙というのは、高血圧や脂質異常、そして糖尿病などと並び動脈硬化の危険因子の一つとして知られています。喫煙をすることによって動脈硬化を進行させてしまい、命に関わってくる心疾患や脳血管疾患などのリスクを上昇させてしまいます。

 

 

高血圧や脂質異常、糖尿病などといったものは、自分の意思だけで「止めた!」なんてことは出来ませんが、喫煙においては強い意思を持つことで誰でも止めることが出来ます。もし健康を考えているのでしたら、まず最初は禁煙から始めてみてはいかがですか?

中性脂肪と悪玉コレステロールを増殖

このようにタバコというのは、動脈硬化の危険因子ということはご理解いただけたと思いますが、実は様々な面から動脈硬化を進行させてしまう危険性を持っているのです。

 

喫煙をすることで、吐き出す煙に含まれている一酸化炭素の作用によって血管拡張物質の生産を低下させてしまい、その結果血管の内側を傷つけてしまうことになります。

 

それと同時に、中性脂肪と悪玉コレステロールを増殖させることに繋がり、逆に善玉コレステロールを減少させてしまうのです。

 

さらに、悪玉コレステロールといった血清脂質における変性が引き起こり、それらが血管内に浸潤してしまうことによって動脈硬化がさらに進行すると言われています。

 

他にもストレスホルモンを介し血糖値を上昇し、喫煙の影響によってインスリンの抵抗性が高まってきます。そして血栓についても出来やすい状態になるのです。

 

これらの症状は全ての働きをとったとしても血管に悪影響を与えるものばかりであり、相互に関係しつつ血管に対してダメージを与えてしまうことになります。必然的に動脈硬化が進行することになりますので、やはりタバコは百害あって一利なしと言えるでしょう。