動脈硬化の治療に食事改善

動脈硬化の危険因子として挙げられるもの

貴方は普段から健康的な食事を心掛けていますか?実際のところ、きちんとした栄養バランスがとれていなく、不健康な食生活を送っている方が多いかと思います。

 

中にはファーストフードをメインとして食事をしている方もいるでしょう。しかしそのような食生活を続けていると恐ろしい動脈硬化を引き起こしてしまう原因にも繋がるのです。

 

さて動脈硬化の危険因子として挙げられるものには様々な要因が考えられます。年齢を重ねていくことによっての血管の老化はもちろんのことですが、他にも遺伝的要因などといったものも危険因子にの一つとなります。

 

当然のことですが加齢や遺伝的要因というのは、自分がどれだけ努力をしたところで、変えることの出来ない危険因子となりますが、実はもっと危険な要因となるのが生活習慣だと言われているのです。

 

先述したように、確かに加齢や遺伝的要因などは動脈硬化の危険因子の一つとなっていますが、生活習慣をきちんと正すことによって、動脈硬化の進行を予防することが出来るのです。生活習慣と言いましても様々挙げることが出来ますが、その中でも重要なのが食生活です。

 

動脈硬化の危険因子には非常に多くの生活習慣病を挙げることができ、高血圧や糖尿病、脂質異常、そして最近問題になっているメタボリックシンドロームなどがあります。これらに関しても遺伝的要因は確かに認められていますが、生活習慣が原因となって発症してしまうことが多いとされています。

高血圧や糖尿病、脂質異常などを予防

そこで食生活を改善してあげることによって、これら高血圧や糖尿病、脂質異常などを予防することができ、その結果動脈硬化の進行を予防することに繋がるのです。

 

食生活で注意をしなければいけないのは、それぞれの病気や症状によって多少異なっていますが、基本的な部分というのはある程度共通しているものです。例えば高タンパクで低カロリーのバランスのとれた食事を1日3食きちんと食べることです。

 

食事量についてですが、満腹まで食べること無く、腹八部目を目安にすることが大切です。もし満足するまでお腹一杯食べたいと思った時には、最初に野菜をたくさん食べるようにすると良いでしょう。

 

普段からお肉が中心となっている食生活をしている方でしたら、野菜やお魚を中心とした食生活に切り替えるのがベストです。

 

決して難しいことではありません。ただ単位健康的な食生活を続けるだけでも十分に効果を期待することが出来るのです。